震災をきっかけに意図的な世界恐慌が起こるはずだった!?

3.11、東日本大震災が人工地震(誘発)だという検証。体験者としての違和感。4からの続き。

日本の震災をきっかけに新たな世界恐慌を起こすつもりだったのです。

当時、経済大国上位であった日本を震災によって潰し⇒ 経済危機に陥っていたヨーロッパひっくり返す
⇒その流れでア米り可国債を大量に保有する中国も潰れ⇒ ついでに中国や日本の保有するア米り可国債チャラにする⇒ 世界恐慌を起こす。

第二次世界大戦(日本にとっては大東亜戦争ですが)の前に世界恐慌が起きたように、世界恐慌の前に第三次世界大戦を起こすつもりでいたのです。

そして、その混乱に乗じて、世界の警察よろしく「新しい世界秩序」を創るつもりでいたのです。
いわゆる、NWO(NEW WORLD ORDER)というやつですね。

まあ、ご存じの通り、結果的に失敗に終わったんですが (※本来は東京まで壊滅的な状態にするつもりだったらしい) 今のところは。。。

ただ、NWOというのは、いわゆる世間一般(陰謀論というやつ)で言われているフリーメーソンの仕業ではないです。(ただの友愛団体だし…そもそも誰にも知られてる組織が秘密結社であろうかw)

大国には大統領よりも力のある方々がいるのです。 その辺の話はまたするかも知れません。
(今回の話は東日本大震災で救助に来てくださっている兵士への感謝を否定する内容ではありません。
そもそも一般の兵士は人工地震のことやこういった、本当の目的は知らないし、知らされていないであろうしね。
正義の心で助けたいと思ってきた兵士さんたちがほとんどだとは思います。感謝!)

ところで、東京まで巨大地震が連鎖し、首都圏も壊滅する流れだったのが、不思議なことにある地点で止まっています。本当に不思議です。
日本ってやっぱり最後は神様に守られる国なのかな~ と感想を抱く次第であります。
その話はまた後程。。。
長文お付き合い頂きありがとうございます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
YOU 押しちゃいなよ♪


もう一丁