シュワちゃんとドナルド・トランプ大統領の口撃バトル


あの「ターミネーター」シリーズで有名なアーノルド・シュワルツェネッガーこと
シュワちゃんとトランプの合戦が少し面白い。

シュワちゃんが2017/2/2 にツイッターの動画投稿で
「ドナルド、いいアイデアがある。仕事を替わらないか。あなたは視聴率稼ぎのプロだから、
あなたが(わたしの)テレビの仕事を引き継いだほうがいい。そうすれば、皆がようやく、
ぐっすり眠れるようになる」

といった内容の動画を投稿していた。

元々は、トランプがかつて司会を務めていた
リアリティー番組「セレブリティ・アプレンティス」の司会を
シュワちゃんが現在引き継いでいて
シュワちゃんになってから視聴率が落ちたため、それをトランプが揶揄ったのがきっかけらしい

参照ニュース ⇒ http://www.j-cast.com/2017/02/04289769.html?p=all

ところで、このニュースを見てふと思い出したのだが
そういや、僕の大好きな作家、飛鳥昭雄氏の昔書いた漫画に出てくる
未来に出てくる黙示録の獣=世界総統
このモデルってシュワちゃんだったな~
と思い出しました。

飛鳥さんの著作を読んだことが無い人にはまったく何のこっちゃ?
っていう話なので少し説明しますと。

新約聖書の最後に記されている”ヨハネの黙示録”という
いわゆる、人類の最後・終末に関して書かれていると言われている部分だ。

その中で、飛鳥氏の解釈の中で
黙示録の予言に出てくる、獣、偽預言者、反キリスト(だったかな?)
の三つのうち
偽預言者 = 世界統一宗教を束ねる長 = 僕の予想ではこれはほぼ確実に現ローマ教皇 (僕の以前書いた記事聖マラキの予言は当たっていた。最後のローマ教皇の名前をいい当てていた。 を参照)だと思われる。
反キリストはとりあえず置いておいて

獣 = 世界統一政府の長・世界総統になる人物のモデルとして、あのシュワちゃんが描かれていたのだ。

ご存じの通り、シュワちゃんは大スターなのに、日本のCMにも気軽に出ちゃう良い人で
もちろん、「ターミネーター」「コナン・ザ・グレート」「コマンドー」「プレデター」「トータル・リコール」さいきんでは 「エクスペンダブルズ」などなど、数えきれないほどの映画、主にアクションスターとして永い間君臨してきた人だ。
皆、大好きである。

とりあえず、オーストリア出身の彼はアメリカの大統領選には出られないし
今回の大統領はトランプに決まってしまったので
そんな事はありえないと思うが

しかし、今回の口撃戦をみて、ひょっとしてさもありなん
って思ったりしております。

なにせ、シュワちゃんの父親はナチス党員ですし、

法律なんて、変えればいいわけだし

映画「エクスペンダブルズ」の中でシュワちゃんに対して
ウィリス「あいつは何を狙ってるんだ?」
スタローン「大統領の椅子だろ。」

ってなセリフもあるわけだしw
(でも、真剣な話、ハリウッド映画はプロパガンダの宝庫だからな)

あれだけ世間に揶揄されてるトランプ(僕個人はトランプは案外ちゃんとしたことしてると思うが)が
暗殺とかされたりして、
法律が何かのきっかけで変わり、シュワちゃんが大統領になり、のちに世界総統へ...
なんてことを勝手に妄想したりしております。

ま、勝手に都市伝絶って感じですが
世に出回ってる都市伝説の根拠なんて大体このレベルなんだよね~

ま、ネタとして受け取ってね 本気にするなよ~♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
YOU 押しちゃいなよ♪


もう一丁