UFO? ハイエースの真上にいたあの物体だ…

あ、そういえば一度だけUFO見た事あったな~の話☆某バンドツアー編1からの続き


その日は大阪でのライブが終わり
バンドメンバーたち、マネージャー、ボーヤの俺、他関係者たちと中華料理屋へ行った。

まあ、いわゆる打ち上げというやつだ

皆それぞれお酒をしこたま飲んで打ち上げは終了した。
その後、バンドメンバー、マネージャーとで機材車(ハイエース)に乗り込み
最後のライブ地でもあり
メンバーそれぞれが住んでいる東京方面に向かい車を走らせた

少しだけお酒を飲んだマネージャーを助手席が座り
車は出発した。

まだ飲み足りない、メンバーたちは後ろの席で、またもや酒盛りを始め
後ろでドンチャン騒ぎをしていた。
(昔のバンドマンたちは酒飲みが多いからね~、飲めないのはボーヤの宿命)

まあ、東京までは高速で行っても6時間以上は余裕でかかる
そのうちメンバーは寝始めた

少しだけ飲んだマネージャーも
「とりあえず少し寝るから、酔いが醒めたら運転変わるよ」
といって寝始めた

「結局、俺一人か…。」

と、つぶやきつつ1人さみしく運転していた

大阪で移動前に買った redbullを飲みつつ
(redbullは体にあまり良くないから、こんな時にしか飲みはしないが)

気合で眠い目を覚ましながら西走していった。

場所はどこだったか 山間に際しかかったところ

そいつが現れた

そのハイエースは天窓があるタイプで当日は天窓を開けていた。
運転席からも夜空が見える状態だった。

とにかく、その山間の中くねくねと運転していたところ
ふと、空を見上げた。

そしたら、沢山の光が並列にいくつもならんだ
得体のしらない物体が
その俺の運転する頭上 おそらく20メートルほどの距離で飛んでいるのだ
ハイエースをすっぽり覆う大きな機体
音もなく山道の高速道路上、自分たちの運転するハイエースの頭上に飛んでいたのだ。

ただ、アーティストやマネージャーも乗っているし、もちろんドラムやギター・エフェクター・

アンプなどの機材もつんである。
何かあってはいけないので再び運転に集中していた

そして、しばらくしてふと頭上を見たら、その謎の飛行物体はあとかたもなく消えていた…

俺は普段からムー的なこと(一般的にはオカルトのことだ)が好きでUFOももちろん大好きな

のだが、こう見えて非常に現実的な面もあるため
ちょっとした光とかを見たくらいではすぐに
「UFOだ!」
というようなタイプではない。
というか、本物があるという知識及び確信があるからこそ、そういった判断には慎重でいようと

思っている方なのだ。

しかし、今から考えてみても
巨大な物体が山間の高速道路の上を無音で飛んでいたのだ。
確かに自分がそれを見たのは事実だ。

山道をそんな低さで飛行機が飛ぶわけはないし、そもそも無音だ。
大きすぎて、全体の形は判別出来なかったが、やはりUFOとしか思えないものだった。

これが俺のUFO体験である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
YOU 押しちゃいなよ♪


もう一丁