BABYMETALからHEAVYMETALへの誘い。JUDAS PRIEST編-2。からの続き

で、どこまで書きましたっけ?

…あ、そだね ガルレコード時代までね。

JUDAS PRIESTヒストリー

その後、契約内容がバンドに不利だったガルレコードから抜け、1977年にCBSソニーと契約する。
そして、発表したのが3rdアルバム「背信の門(sin after sin)」を発表する。
ドラムスはセッションミュージシャンで有名なサイモン・フィリップス(最近では日本のジャズピアニスト上原ひろみと共演してるね)が参加している。

この「背信の門(sin after sin)」は前作の「運命の翼(sad wings of destiny)」の流れを引き継ぎより、ストレートなハードロックバンドへとなったアルバムだ。
sinner(罪業人)やstarbreaker、のちにSlayerがカバーしたDissident Aggressorなどが入っている。

それと、フォーク・シンガー ジョーン・バエズのカバーでライブで定番の「Diamonds & Rust」がある。

まだ、ロブもこのころまではヒラヒラきてるんだな~

そして、次が初期2つ目の名盤と言っていいだろう、「Stained Class」だ。
このアルバムには何と言っても初期のペインキラー的な疾走感あふれる「Exciter」がある。

これは1978年の初来日公演でのライブですね。
この曲はdevin townsendとかANNIHILATORとかいろんなバンドがカバーしてるね。
他にも英国のSpooky Toothカバー「Better By You, Better Than Me」や名バラード「Beyond the Realms of Death」が入っている。
この、バラード「Beyond the Realms of Death」はぜひ、メタル初心者にも聞いて欲しい。
名曲です。

この「Stained Class」のときは、ジューダスのメンバーが訴えを起こされてるんだよね。
「Better By You, Better Than Me」にサブリミナルメッセージが入っていて、それを聞いて子供たちが自殺したと、その親たちに訴えられている。とんでもないいいがかりだけどね。
アメリカの事件なのだが、訴訟大国アメリカというか、訴える内容も当時のヘヴィー・メタルに対する無知な考えを反映してる。
あの当時の人達がBABYMETAL見たら困惑するんだろうな~W
もちろん、この訴えはバンド側の勝訴で終わった。
当たり前の話だよ。

おっと、またながくなったので、次に書きます。
JUDASネタは長くなるな~WBABYMETALからHEAVYMETALへの誘い。JUDAS PRIEST編-4。

てなわけで、本日のYUIMETAL

にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン応援へ
YOU 押しちゃいなよ♪


もう一丁!