毎日書くと宣言したのにもかかわらず

たった2日で止まっておりました(^^ゞ

だって、面白く書こうと思うと難しくて…

 

ま、気を取り直して

ここからは普通に勉強日誌でいきます。

自分で確認にもなるしね。

 

では まず基本から

会話するには主語が必要だね

主語行きます

 

フランス語 = 英語 = 日本語 で記します。

Je (ジュ)   =  I = おいら、ぼくたん、吾輩

Tu (テュ)  =   you  =  あなた、お主

Il (イル)    =   he   =  彼

Elle (エル)  =  she  =  彼女

Nous(ヌ)  =  we  =  私達、ワレワレハ

Vous (ヴ) =  you  =  あなたたち、ぬしら

Ils (イル) =   they  =  殿方衆

Ells(エル) =   they  =  おなごたち

 

てな感じです。

発音は便宜的にカタカナで書いているが、どだい正確に表すのは無理なので調べてね♪

 

主語がきたら次は動詞

 

être  =  be動詞

英語の場合 be動詞は am,is,are の三種類だが

フランス語は然にあらず。

Je  ,  Tu  , El  Elle  それぞれに対応するものと、さらに複数系かによってそれぞれ変わるのだ。(面倒だな~)

では、きを取り直して

Je suis (ジュ スイ) =  I am

Tu es  (テュ エ) =  You are

Il est  (イル エ)=  He  is

Elle est  (エル エ)=  She is

Nous  sommes  (ヌ ソム)=  we are

Vous  êtes (ヴ ゼット)=  You are

Ils  sont(イル ソン) =  They  are (male)

Elles  sont (エル ソン) =  They are  (female)

あ~ややこしい。

全部バラバラじゃん!  しかも変化に関連性ないし…

例えば

Je suis nyankosamurai  =  I am nyankosamurai =拙者ニャンコ侍と申す

Tu es  nyankosamurai  =  You are nyankosamurai =貴殿はニャンコ侍ですな

といった感じだ

次は 持つ(英語のhave)にあたるavoir

J’ai(ジェ) (Je ai のリエゾン)   = I have

Tu as(テュ ア) =  You have

Il  a (イル ア) =  He has

Elle a(エル ア)=  She  has

Nous avons(ヌ ザヴォン)  =  We have

Vous avez  (ヴ ザヴェ)=  You have

Ils  ont  (イル ゾン)=  They have

Elles  ont  (エル ゾン)=  They have

となる

これもややこしい

J’ai un chat  = I have cat  曰く 私はお猫様に仕えてます ※意訳

Il  a  un chat  = He has cat 曰く 彼はお猫様に仕えてます ※意訳

 

ちなみに Je ai  が J’ai となっているのは エリジヨンといって

母音が続くとつなげて表し 前の音の母音ではなくあとに続く文字の母音で発音される。

また Nous avons  , Vous avez などは リエゾンといい  普段発音しない語末の子音が

後ろの母音を付けて発音されることをいう、つまり

Nous avons  = ヌ・アヴォンではなく ヌザヴォン

Vous avez     =   ヴ・アヴェではなく ヴザヴェ

といった感じである。

 

ホント話せるようになるのかな~

とりあえず 今日はこの辺で勘弁しといてやるか!

Ciao♪

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Tu 押しちゃいなよ♪


フランス語 ブログランキングへ