フランス語はじめました

これから 彼女から教わったフランス語をまとめて行こうと思います。
(タイトルのn°1 はフランス語でのNo.1であります。)
本番は2週間後……なんと、彼女のmamanに会いに 「ミーはおフランスに行くザマス」

せっかく行くのだから、ちょっとは話せるようになりたいな~と思っております。

 

ちなみに母親のことをmamanということは知っていたが

父親はpapanではありません。

単純にママがmamanならパパはpapan とおもっていたけど、これを知ったときはちょっとショックでした。

また、義母の事を日本では「古い女」と書いて「姑」というちょっと酷いいいようなのに対し、

フランスでは「belle-maman」、belle=美しい、つまり 「美しいお母様」となるのであります。

この辺りは、さすがラテン系、愛の国フランスだな と思いました。

 

フランス語も文字はアルファベ (アルファベットね)になる でも、

英語の発音にはまあまあ自信がある たけぞう だが、フランス語のアルファベの発音がまるで勝手が違う。

ホント、最初にこれに苦労した。ってか未だにちゃんと発音できない音が…

a  b  c  d  が アー、ベー、セー、デー とカタカナ読みに近い感じでくるが 次が問題

e  = ウ  である  が、これが日本語のウとはまるで違う。

こつは やる気のない感じで ちょっとだらしない感じで口を開けてウ である。

ポイントはやる気がない感じ ここポイントね!

次は、f   g  h  i  j   エフ、ジェ、アシュ、イ、ジ  と続く fはまあそのまま 英語の発音の g と j は発音が入れ変わっている感じ h は 英語のashって感じで

k  l  m  n  o     k=catのca  l,m,n,o  この辺はそのまま 英語発音でいける。

続いて、 p  q   p=pe  q  =kyu  といった感じでこなせる

がしかし ここでフランス語最大の特徴であり、超難関 r のお出ましである。R である!

はじめて この R の発音を聞いた時  「え?」と思った。

あまりにも予想外の音が彼女の口から放たれたのである(~_~;)

それは 英語の発音の R とは似ても似つかない

無理にカタカナで表現しようとすれば  「エーハ(ハの音は消え入りそうな感じで)」 しかも、発音は日本語ではまず使わない

のどちんこの辺りを引っかくような音

曰く、かーっぺ とタンを吐くときのあたりで発音するらしい…

日本人にはかなり困難である。

でも、ここは 音楽で耳を鍛えた事もあり 何度か練習するうちに少しこなせるようになってきた。

つづき、 s  t   s =es  t =te  といった発音で問題ない

しかし、ここにきて R を超える超難関 難攻不落の万里の長城 U がやってきた。

これが まず、まったく発音できない

口をすぼめてその先で ウとユの間みたいな感じで発音するのだが

何度やってもできん。

何度やっても出来ん。

頑張ろうとすると口笛みたくなってしまう。

「u」

「違う」

「u」

「そうじゃない ウになってる u」

「u」

「違う,ユになってる, u」

「ヴ」

「違う」

この繰り返しだ。

どうにかしてくれ…

発音でこれだ 勘弁してくれ~!

 

彼女「日本人には難しいわね」

オレ「今日のところはこの辺で勘弁してやるか…」

では、今日はこの辺で Bonne nuit!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Tu 押しちゃいなよ♪


フランス語 ブログランキングへ